〒158-0094 東京都世田谷区玉川4-10-20 B1F
理事長 福井 誠
03-3707-6159
office@internationalhf.net

アクセス  |  office@internationalhf.net
logo

認定NPO法人HFIは、アジアの貧困地域の就学・生活自立支援を行っています。

ネパール

ネパールは、統計によれば、世界でも最貧国に分類される国です。 国連のデータでは貧困率(一日1.25ドル以下で生活する人口の割合)が、42%となっています。 山間の農村部では、現金収入を得る道はほとんどなく自給自足のような生活を送っています。

カースト制度が、徐々に薄れている面はあるというものの、その差別から生まれてきた様々なしわ寄せが存在しています。 また、歴史的に男尊女卑の国であり、法律上は平等となっていても厳然と女性への差別があります。 貧しい家庭では、子どもを労働力として売ってしまうというケースも多々あります。 工場の労働力として、家政婦のような働きをする労働力として、またその名目で、実際はインドの売春宿に売られていくということもしばしばです。

売らないまでも、子どもを生活のために働かせたり、家にいても十分に食べていけないので子どもが都市に流れて働くなどのケースも数え切れません。 ILO-IPEC(児童労働撤廃国際計画)は、ネパールには約260万人の児童労働者がいると推測しています。 また、約90万人の子どもが労働搾取されているにもかかわらず不払いで働いていると言われています。

ネパールでは、まだ女性に対する差別もかなりあります。 たとえば死別、離縁などに会った女性は、実家に戻れないというしきたりがあり、行き場を失う人がたくさんいます。 また災害などで畑等を失った人々や、山間部での生活が苦しく、成り立たたないという人も多くいます。

そんな人々が、平野部、町に流れてきます。 しかし、そこで職を得られたとしても、工事現場の仕事やごみ収集などであり、物乞い同然の生活をしなければならない人がほとんどというのが現実です。 多くの人は、川沿いなどの土地を不法占拠し、スックンバシと呼ばれるスラムを形成して住んでいます。 そこに、掘立小屋とも呼べないような家を建て、不衛生な状態の中で暮らしています。

HFIでは、以下のプロジェクトをこれまでに終了させています。

<ジョサ・ネパール・チルドレンホーム建設プロジェクト終了>

HFI は、2009 年より、ネパールカトマンズ近郊タンコットの地域の人々との交流を重ねてきました。これによって、貧困家庭および貧困のために就学できない子どもたちの問題があることを理解し、2012年より、現地政府認定NGOであるジョサ・ネパールと連携し、教育支援活動を開始しました。ジョサ・ネパールは、ダーディン・ゴルカなど地震で甚大な被害を受けた中央部山岳地帯の村落の貧しい子どもたちを施設に与り、カトマンズ郊外にある近隣の小中学校へ子どもたちを通わせる働きをしています。 2015年7月現在、約20名の子どもたちを受け入れ、学校教育の終了(前期高等教育10年生)まで、生活を共にしながら、教育生活支援をしています。代表1名、寮母1名、スタッフ4名で運営されている児童養護施設です。子どもたちは、このチルドレンホームから近隣の公立学校などに通い、帰宅後は、寮母が寝食の世話をし、さらに、宿題の面倒をみたりします。夏休みや冬休みには、一時帰省し、家族と共に過ごし、再び、寄宿舎であるこのチルドレンホームに集まり、学業に専心させ、社会に出て行く手段を身に着けさせて貧困の連鎖を断ち切ることを目指します。 2015年4月25日のネパール中部を震源とするマグニチュード7.9の地震によりこの施設も少なからず被害を受け、子どもたちは屋外でのテント生活を余儀なくされました。しかし皆さまのご協力により、新しい施設を建設する計画を実施し施設を完成させました。今後、さらに1F平屋の施設を2F建てにする計画も持っていますが、皆さんのご協力によりひとまず、計画どおりに工事が終了しましたことを御礼申し上げます。

<NDON養蜂プロジェクト第一期終了>

ネパールの首都カトマンズから東方約150キロ、標高2000~3000メートルのソルクンブ郡バサ村は、最寄りの空港から徒歩15時間という位置にあり、主たる産業もなく、過疎化が進んでいる村の一つです。しかし、エベレスト山近郊ということもあり、近年国の開発施策により車道などのインフラ整備が進んでいる地区です。 現在、村の経済は、男性は外国へ出稼ぎに行くか、エベレスト山登山を目的とする外国人のシェルパ―として働くかの収入によるものですが、実際には外国への出稼ぎも、出稼ぎ資金を借金をしての出稼ぎなので、積み重なる借金返済で終わっている状態で、日々の生活は、女性や子ども達による原始的な農業(主として自生作物のジャガイモ、みかんなど)と畜業(やぎ、水牛など)で細々と続けられている状態です。 HFIは2012年より、こうした村の貧困家庭に対し、児童の就学支援(教育費の提供)をしてきましたが、その経過の中で、村の農業を近代化し、村全体を豊かにすることが、自立的で持続可能な支援になると考えるに至りました。 2015年、村の青年を日本の農業学校に留学させ、農業技術の取得に努めさせ、以降、現地の人々と共に、現地での農業開発を考え企画案を進めて来たのが、「ヒマラヤ養蜂プロジェクト」です。この村には、自生の蜂の巣を山間の岩肌にかなり見かけ、また素人ながらの養蜂もなされており、今回日本で得た知識を生かしながら、生産性や収益を上げ、村全体のビジネスとして成立させる計画です。   プロジェクトの収益は、村の貧しい人たちのマイクロローン、子どもたちの奨学金などの働きのために用いられる計画で、村の貧困を自らの解決課題として取り組む現地の人々の主体的な努力を支援してまいります。今回は、「生協総合研究所」の助成を得ながら、養蜂プロジェクトの基盤整備を行いました。

<ヌワコット井戸改修プロジェクト終了>

ネパールの首都カトマンズから、北西に車で約3時間のヌワコットは、2015年の震災で大きな打撃を受けた地区の一つで、震災により4000人の方が亡くなり、95%の家屋が全壊の被害を受けたと言われます。今回改修した井戸は、ヌワコットの低カーストの地域のもので、85世帯295人が利用していました。また、震災前は、この地域に隣接する地域からも、約200人以上の人々が利用していたようですが、震災後地形の変動もあり、開口部から汚水が入り込むようになり、そのための改修が必要とされていました。村民は、近くの川まで水を汲みに行き、それを飲料水、生活用水として使っています。もちろん、その川も濁り水で、水汲みの役割は子供が担っていました。 2017年4月第2週より、「大竹財団」の助成により、井戸修復プロジェクトが始まりました。2017年5月31日、工事は、技術者の不足もあり、しばしば中断しましたが完成し、現在、井戸は、パイプで近くの5カ所の水道栓に接続する貯水タンクとして生まれ変わりました。水道栓は、退役グルカ兵(イギリスの軍隊に雇用されたネパール人の山岳民族の兵士)によってかつて作られたもので、今回は、それらの水道栓と井戸の水源を接続する工事も合わせて行い、水涸れしていた5カ所の水道栓をも復旧することができました。皆様のご支援に心から感謝申し上げます。