〒158-0094 東京都世田谷区玉川4-10-20 B1F
理事長 福井 誠
03-3707-6159
office@internationalhf.net

アクセス  |  office@internationalhf.net
logo

認定NPO法人HFIは、アジアの貧困地域の就学・生活自立支援を行っています。

HFIとは




アジアの貧困地域では・・・


1
子どもたちが学校へ通う最低限の必要を満たし、学校で学ぶことができる権利を守ります。
2
現地協力団体の活動をとおし、子どもたちの学業育成のみならず、健康の増進、ソーシャルスキルの向上、思いやりの成長などトータルな人づくりを目指します。
3
以上のような援助によって、子どもたちに将来に対する夢と希望を持ってもらうことを目指します。
4
このような援助活動によって家族の意識を改革し、支援される家族が生活自立へと向かうことを目指します。






国内においては・・・


貧困地域の現状を理解してもらうためのセミナー活動、現地へのスタディツアー等の啓発活動を行い、国際ボランティアの意義についての意識を高め、日本人青少年の健全育成を図ります。

hibikihigh3

ピース・ファンド/スクールライフ応援基金

2011年3月以降、東日本大震災で被災した地域の子どもたちや学校を支援する活動を行っています。
「ピース・ファンド」では、フェローシップディコンリー伝道会(日本)、マールブルグミッション(ドイツ)、リバティコーナーミッション(アメリカ)、台湾長老基督教会(台湾)、アジアケンディー株式会社(タイ、日本)等の企業、団体による協力を得て、被災高校生に返還義務のない奨学金を給付しています。
その他、スクールライフ応援サポーターとして個人・団体より寄附をいただき、被災地での支援活動やピース・ファンドのよりよい運営に尽力しています。

スタディーツアー

以下の三カ国にて、スタディーツアーをほぼ毎年実施してきました。
●フィリピン国・セブ島
セブ島では、都市部の貧困地域を訪問視察します。また協力団体MHDSC、MAICAの貧しい子どもたちに対する教育・生活自立支援活動に参加します。さらに、新たに始まった地方での教育支援活動のプロジェクトサイト(カンビノコット村)を訪れます。
●ネパール国
ネパールでは、首都カトマンズを視察、ヒンズー教、仏教を背景とする国民性、文化に触れます。また、協力団体JOSSA-Nepalの地方の貧しい子どもたちを都市部の学校へ行かせるチルドレンホームの働きや、ストリートチルドレンを対象とする児童養護施設を視察します。さらに、協力団体NDONと行っている農業を中心とする共同体開発のプロジェクトサイトへ出かけます。カトマンズから飛行機で1時間、徒歩15時間の山岳部のカク村(標高2400~3300メートル)を訪問します。途中、エベレスト山の頂上を見ることができます。
●モンゴル国
モンゴルでは、首都ウランバートルから車で15時間のダタル(チンギスハンの生誕地)を訪問、脳性麻痺、膝関節症などのリハビリクリニックを行っています。


希望(Hope)と 信頼(Faith)とは・・・

貧困地域の人々の生活自立を支えること、これは、ある意味で人間の能力を超えた仕事です。 しかし、絶望的な状況にあっても希望を持ち、信頼を失わずに困難な働きに向かっていった多くの先達がいます。 私たちも、彼らに教えられながら、困難の中にある人々とともに希望を見いだしていくという課題に取り組んでいます。